AKIHIDEだけど松本江里子

看護師という仕事は特殊な仕事と認識されることが多いですが、そうは言っても、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、内実は夜勤の分の手当てによって給与が高くなるといえるでしょう。あなたがもしも、ナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであればどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。夜勤帯に働くかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。国外で医療的な支援を求めている人々に、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方もいると思います。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。当然ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために医学的な英会話ができる事が最低条件になります。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。世間では、看護師は白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。ですが、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。大方の場合、キツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。例えば二交代制の病院勤務だと、合間で休憩はあるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間労働の現実も看護師という仕事がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。異性から好かれる要素の多い看護師でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際のところ、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が分かりました。結婚が遅くなる人に多い理由は、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。外科勤務の看護師の、長所と短所を説明しましょう。手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期に渡って落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に資格も取れるそうなのです。夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは交代勤務などで休日が不規則になることです。休日や休みの時間に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという悩みをよく聞きます。他にも、看護師が不足している職場においては、簡単に休みが取れないという問題もあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後のようです。試験内容も、専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったら十分に合格できるものですので、そこまで看護師の資格取得は難しいものでもないようです。看護師として働く人は大半が女性なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが重要です。メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番です。ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、皆さんご存知のように、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、カリキュラムとして実習がメインであるので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために看護師を辞めました。ですが、病気が完治すると復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少、仕事をしていない期間があっても、資格があれば早々に復帰できますね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。一般的に、看護師という職業は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが見て取れます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。高給が約束された安定した業種としては魅力のある職業だと言えます。もし転職される場合には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、その際、注意点があります。その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望の理由の書き方です。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。かつての看護師はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。しかし今日では一般的に「看護師」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。初めて看護師の就職先を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が壁になっているかもしれません。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、事情によっては病院側が独自に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、つまるところ、看護師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。全国的に看護師が不足している現状は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みも簡単には取れません。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師の求人がある勤務先に保育園もあるのです。職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、理想的な職場だと思います。ちなみに、どういった仕事かというと医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立の医療機関で働くことです。実際、看護師の職業は専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接しなければいけないので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。勤務先によって、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておきましょう。たくさんの人と出会える街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。ですが、もしも新しい出会いがあっても勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。ですが、ここ数年の間に看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院以外にもあります。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも特に看護師は重宝されているのです。グループホームで生活しているのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師はグループホームに就職するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、多くの意見を参考にしながら知識を深められるでしょう。今後の進路を考える事もできますから、看護師としてのやる気も湧いてきます。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、その他の仕事でも活用できるというのもよくある話です。いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。いま日本においては、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、もしも、3年以内に看護師になれなければ自分の国に帰らなければなりません。就労と日本語の勉強とあわせて、国家試験対策をしなければならず、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク