那須とここあ

以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。給料の点からみると女性と変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。知人が看護師として働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために一度看護師を辞めています。ですが、病気が完治すると早速現場に戻って、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。多少のブランクでも、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去の経験を生かせそうだからというような、意欲溢れる動機がベターでしょう。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは不規則な休みでしょう。平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。きちんとした休みを望むのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。女性の多い職場であるため男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。しかし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。看護師がかぶる帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、昨今では、看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、つまるところ、もしも離職している期間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、人手不足であるということが深く関与しています。転職先も雇用形態も特に希望しなければ上手くいけばすでに50代になっていても再び働くことができます。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師は必要とされています。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師はグループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く看護師と比べて収入が減ってしまう事がほとんどです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特に油断できない仕事が申し送りです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、責任を持って交代する看護師に伝える必要があります。簡単に済んでしまうようなケースもありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。普通、注射や採血は看護師が行うものです。普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射されるなら上手な看護師にお願いしたいですよね。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係のストレスや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。一般的に看護師の多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところもよくあります。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも良いと思います。看護師になるための手段として、大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。大学の特徴を挙げると、その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも考えましたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師一人にかかる仕事量が増加し、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、職を辞する人も多いのです。看護師になるための手段として、皆さんご存知のように、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。それに対して、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。往々にしてキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。労働時間が長いということも看護師という仕事がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。とはいえ、職場の環境や方針次第では、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。看護師として患者から信頼してもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておく事を忘れてはいけません。中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。スッピンとはまた違って、雰囲気がガラッと変わると思います。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、詳しく見てみると夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。ですから「いいお給料で看護師をしたい」というのならばどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。夜勤帯に働くかどうかで貰える給料が大きく異なってきます。一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。希望する病院がどちらの交代勤務で動いているのかを調べておきましょう。初めて看護師の就職先を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、年齢が壁になっているかもしれません。求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては病院側が独自に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、どうしても転職率も高い数値になります。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども存在しているのです。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも参考にしてみるのが良いでしょう。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間一般では良い印象を持たれていることが多いと言えます。ただ、看護師の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、看護婦を雇う側がしっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。もともと、看護師という職業が専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で注目されていますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、何よりも魅力的だと思います。最近の交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので経験が浅いと必然的にシフト勤務になると思います。実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。看護師に階級があるのをご存知ですか?階級のトップからいえば、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長といわれる階級です。どのようにして階級を上げるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、信頼を得られるように努めることが重要です。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高収入になる事は間違いないでしょう。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと昇進します。例えば、婦長といったら分かりやすい役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近では、学生やパートの看護師も多くなっていますので、正看護師であれば上の役職であることは理解できると思います。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク