福谷のたけし

荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。中でも特に水を使えるようにしておくことはかなり大事です。そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくと丁度いいかとなると、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けてちょっと念入りに、引っ越しをする日から、一週間前には水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。人により引っ越しのやり方は様々ですが、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。ですがそうして任せてしまうにせよ、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、作業を、なるべく近くで見守りましょう。もしも、業者の人が大型の荷物を運んでいる時に誤って壊したり、傷をつけたりすると、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか確認できないと、補償がおりないこともあります。国民年金の人が引っ越しを行なうと、年金手帳の住所変更の事務手続きを行なうことになるでしょう。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場で手続きを済ませましょう。必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。何かの事情で、本人が出向けない場合、委任状と代理人がいれば代理人による手続きが可能となります。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言いきったりすることはできないものの、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。これが敷金返還について影響する可能性もあるでしょう。最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。煩雑な書類手続きも、引っ越しの時には増えてきます。中でも大事なものはやはり、自動車関連でしょう。普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は免許証がよく本人確認書類として機能しているため、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。これで少しは楽でしょう。作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては大切ではありますが、常に頭に置いておきたいのはいかに費用を抑えるかということでしょう。引っ越しの際には思いもよらない出費が重なって、予定していた金額をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。業者に見積もりを依頼した時点で、出来るだけ安い業者を選べるかどうかがポイントですから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。お店などで、何かをしてもらったタイミングでそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝をこめていくらか手渡したり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業をする方からすると、もらえるのはやはりとても嬉しいもののようです。引っ越しを控えて新居へ運ぶ荷物のより分けをしていくことで、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。引っ越し時に出る粗大ゴミなのですが多くの場合、ゴミ収集日に普通に捨てることはできません。実は、まず自治体に処分方法を尋ねて指示通りに処分することになります。粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費は最初の想定が甘かったり、目論見が外れたりなどして、実は高額になりがちです。そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はなるべくしっかり考えた方が良いようです。引っ越し業者の料金は、移動距離や荷物の総重量が同じ場合であってさえ会社によって、金額は違います。複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。一括見積サイトに移動したら、出発地から到着地、家族の人数などを入力して一括見積もりを申し込みすると数社からの見積もりを比べて検討ができるので、忙しい時でも手間がかからないので、大変便利です。前もって引っ越し作業の予約をいれておき、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。通常、見積もりオーダー時、どういった時にキャンセル料金が発生するかをちゃんと説明しなければなりません。ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合はキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく確認しておくと良いでしょう。探せばそれこそ、星の数ほど引っ越し業者はあります。でも、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであれば名の知れた大手を使うのが良いようです。実際の会社名を挙げるとするなら、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。こういった大手は、規模が大きいだけあって利用する客が大勢います。引っ越し会社としての仕事を相当こなしてきているのです。ノウハウもあり、手順もしっかりしていることが殆どですから質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。引っ越しをする場合、費用がいくらかかるのか気になりますよね。でも、どの引っ越し業者に頼むかによって、費用が違ってくるのをご存知ですか?出来るだけ無駄な出費のない業者を選択したいですね。多少費用が高い場合も、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスを行っている所もあるようです。ですから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、当然、ダンボールでしょう。荷造りをするためには、ダンボールはどうしても必要となってきます。大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと使い勝手が良いでしょう。かなり大量に使用することになりますから、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。引っ越しなどで住所が変わった時は、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。印鑑、国民健康保険証と、それから本人確認書類を何か用意して手続きに行きましょう。同じ市内での転居であっても転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、退去時の立会いという部屋のチェックが必ずあります。大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、部屋のチェックを隅々まで行います。これを済ませてめでたく退去が叶います。ケースごとに多少違ってきますが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとこれは決して一定しておりません。何階の部屋か、荷物はどれくらいか、更に、作業をする人員の数などによって全く違ってきてしまうのです。そこをかなり無理矢理、計算してみますと、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、家族数が多く、荷物も多い場合は2時間を越えるくらいで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても必要なものです。贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしのマナーで戸惑う方も多いようです。あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、のしは外のしが最適です。表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載するようにしておけば良いでしょう。今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。そこのお店で、私を担当してくれた方がとても丁寧に対応してくれたので安心し、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。そこから少し離れた別の不動産屋にも行ってみる気はあったのですが、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能と担当の方が仰るので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。引っ越し先がごく近距離であれば業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。自家用車を使って、運べるだけの荷物は日数をかけて運んでいくようにします。少量ずつ時間をかけて運んでいくことで積載量の少ない自家用車であっても、たくさんの量を運べます。大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をかなりコストカットできるでしょう。引っ越しで、プロの手を借りずに、自分で引っ越し作業をしたいならまずは荷物を少なくすることを考えます。普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包作業をする、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物の嵩は減り壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。階段から落下させて壊した、などという状況は最悪ですから、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、運がいいのか、荷物をぞんざいに運ぶような業者に遭遇したことはありません。それに、引っ越し作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、頑張って自分で運ぶより業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。今日においても、引っ越しの挨拶は必要不可欠なようです。元の家や引っ越し先の隣人に対して挨拶した方が今後の生活にプラスに働くと思います。挨拶をしておかないと隣近所との関係が悪化したりギクシャクするというケースもあるので、蔑に出来ません。生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人には、可能であれば挨拶しましょう。引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、できるだけ、家具や家電などにはダメージを与えないようにしましょう。せっかくの新居ということで購入したおしゃれな家具などは、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして用心深く運ぶようにしたいものです。新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが要因でしょう。引っ越しは面倒でウンザリするという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、煩わしい手続きが重なるということが不満だそうです。水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。ですから、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。引っ越しの荷物の移動についてですが、置く場所をあまり自由にできない家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。ほぼ毎日、多量の水を使う洗濯機ですからほどんどの場合は、水道のある場所に置くことになるでしょう。そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をぜひ完璧にしておきましょう。近頃では、見かけなくなりましたし、ほとんと知らない人もいるようですが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、ということを昔からしてきました。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしく等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、おおざっぱで構いませんので、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、遅すぎる場合はギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初に少しずつ荷造りしていくときっと間違いはないでしょう。うちは大家族で、荷物もかなり量が多いです。なので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。しかし、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。料金は料金としてちゃんと払うにしても、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて千円ほどを気持ちとしてお渡ししています。でもふと、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。引っ越しの日も間近に迫ってきたのに、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった悩みをお持ちではないですか。エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、わからなことだらけで悩みますね。餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に相談してみてはいかがでしょうか。大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、エアコン取り付け一台につき一万円と少し、といったところだそうです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそれ程高額にはなりません。でも、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかよく考えてから、判断しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク