半田と三瓶

薄毛に各種商品があることは、何よりご自身が薄毛を気にされているという事態、多くの人がそのことをとっくにご存知であると察します。個々というのは、「外観」と言い換えても良しかもしれません。前もって、AGA(ダディ等級抜け毛症)をはじめとする薄毛の多くが「病気」、もしくは「病気の可能性が高い」と判断されますので、薄毛の商品は丸ごと「外観」と言い換えることも見込めるわけです。

そして実は、外観が異なると、その誘因もことなることが多いといえます。これも、薄毛以外の病気と本当に同じことですから、理解するのにさほど躊躇うことはないでしょう。

薄毛の外観、あるいはタイプを表現するときに、多くはアルファベットの文字をつかって、たとえば「M言葉等級」とか「O言葉等級」、「A言葉等級」、あるいは「U言葉等級」などと表現することが多いです。しかし中にはやけに物珍しい病名で叫ぶ薄毛もあります。たとえば「カッパはげ頭」ですとか「バーコードはげ頭」などといった、耐える人には不作法ながらも、どっかコミカル病名がつけられることがあります。

今回はそんな中でも非常に特殊な言い方が置きられていらっしゃる薄毛について触れたいと思います。その薄毛を「落ち武者はげ頭」と言います。

年代劇や時代物の写真などでときおり登場するのが「落ち武者」ですが、奴らの連想は、ほとんど落ち武者をご存知の人ならざっと共通した連想として描かれることになるはずです。つまり、前頭部から後頭部まで、心中のミドルを一律剃り上げ、その両側からダラリとロン毛を垂れ下がらせておる、あの連想だ。「落ち武者はげ頭」と呼ばれる薄毛も、さながら落ち武者のように薄毛が進行してしまっていらっしゃる。

ただ、落ち武者のように感じるのは、留まる頭髪を長くやるからであって、薄毛が進行している周辺に関しては、どちらかと言えば「A言葉等級」もしくは「U言葉等級」の薄毛に通じるものがあります。という結果、実はこういう「落ち武者はげ頭」というのも、その原因は「A言葉等級」、「U言葉等級」の薄毛の誘因と一致する場合が多いです。

これらの薄毛は、M言葉等級とO言葉等級が総合した形で表れる、やけに重度な薄毛であるといえます。そして、M言葉等級(前頭部の薄毛)は、どちらかと言えば遺伝に先頭浴びる先天的な誘因が考えられます。しかしO言葉等級薄毛(頭頂部の薄毛)は、習慣の悪さが原因になっている場合が手広く、後天的なコンポーネントが原因となっている場合が多いです。

ですから、落ち武者はげ頭の事態、遺伝的コンポーネントと後天的なコンポーネントがとも原因になっている不安が思い切り厳しいと当てはまるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク