体重が女性の健康に及ぼす影響について

今よりも体重を減らし、引き締まった体つきになりたいと考えている女性は、とてもたくさんいるようです。身長に見合う体重を維持することは、外見的な意味だけではなく、健康維持にも重要な役割を担っています。ダイエットに取り組む女性は多いですが、体に負担のかかるダイエットをしていると、健康にもよくありません。急に体重が減ることもよくないですが、急に体重が増えることもよくないので、体重管理には十分に気を使っていきましょう。生活習慣病を予防するためにも、適度な運動や、健康的な生活リズム、健康に配慮した栄養バランスのとれた食事を意識するようにしたいものです。スリムなボディになりたいという女性は多いですが、あまり体重が少なすぎると、体にはマイナスにしかなりません。ダイエットのやりすぎで短期間に体重を減らせた女性が、ホルモンバランスが乱れて生理が来なくなるということもあるようです。努力のかいあって、憧れのスリムボディになることができたとしても、女性にとっては生理がとまってしまうというのはとてもショックです。病気にかかりやすくなったり、病気にかかった時の回復が遅くなったりするのが、体重を急に減らした時のデメリットとして挙げられます。寒さで手足がかじかむようになったり、風邪をひいた時に治りが遅かったりと、体の具合が悪くなる局面が増えるようになるといいます。痩せればきれいになれると考えている人がいますが、必ずしもそうとは限りません。皮下脂肪が多すぎても困りますが、体にバランスよく筋肉がついていないと、たるみ解消になりません。体重は減らしたいという場合でも、ある程度は筋肉が体に残るようにして、健康維持にも配慮することが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク